FX業者

リンク3

銀行系の融資には、銀行とゆーブランド力によって、安心感があるモンどす。「消費モン金融」には悪いイメージを持つ人がやはるかもしれまへんが、「銀行系から借る」といえばええイメージがおさきに立つことでっしゃろ。

そへんな銀行系の融資やけどアンタ、そのブランドだけに、審査が厳しいさかいはおまへんかとゆー印象があるのも事実どす。せやけど、実際は、審査の中身は消費モン金融とほとんどおんなじなのどす。銀行系かて、消費モン金融かて、審査で重要視さはるのは、申込モンの返済能力どす。では、その返済能力はどへんやって判断さはるさかいっしゃろか。

返済能力を判断する際に用いらはるのが、「延滞情報」どす。「ブラック」と呼ばはることもおまんねん。延滞情報は、「信用情報機関」が管理していまんねんわ。信用情報機関は銀行系からの融資であろうと消費モン金融からの融資であろうと、延滞情報はみな管理してるさかい、そのしとがどこぞら借りて、なんぼの延滞期間があるのかをすぐに調べることができるんでっせ。

延滞情報は、たった1度の延滞であっても、履歴がついてしまいまんねんわ。やけどアンタ1度や2度の延滞では審査に落ちるようなことはまずへんはずどす。危へんのは、長期間延滞した場合や、融資を巡って不条理なクレームをしたり、返済かてめたりした場合どす。こういったケースだと、「ブラック」登録さはることがおーいようどす。

ブラック登録さはると、最低5年間はその登録が残ってしまいまんねんわ。その間、銀行系からの融資は受けられへんと思ったほうがいいかもしれまへん。それだけ、延滞情報は重要なのどす。銀行系の融資は融資限度でぼちんが高く、また金利が低いのがメリットやけどアンタ、こういった延滞情報があるとそのメリットを享受することができまへん。長期の延滞は避けて、計画的に融資を受けていきたおいもはんのどす。

リンク1 2 3 4 5



Copyright (C) キャッシング 利息なし All Rights Reserved.